最も生々しいSEX


葵つかさ(あおいつかさ)出演のシン・ハメ撮りVRは、キス・パイズリ・フェラ・騎乗位・正常位・バックなどで生々しいセックスが体感できます!キャプチャ画像、作品概要、女優プロフ、レビューなどで内容チェックいただけます。

相関関係
女優 ハメ撮りする美女
あなた 近距離ハメ撮りを体感する僕
FANZA情報

作品名は「【VR】葵つかさVR史上最も生々しいSEX!! 主観(手持ち)&客観(置きカメ)のWアングルにこだわったシン・ハメ撮りVR」(sivr00256)、エスワンより矢澤レシーブが監督、2023/05/06より発売開始されています。

Wアングル

\葵つかさの生々しいSEX体感!/

Wアングル画像

座っての濃厚なキス

二郎

濃厚なベロキス!(^^)!

葵つかさのおっぱいを揉みまくる

太郎

つかさちゃんのおっぱいを近距離で見る

オナニーしている指マンを見る

二郎

アソコを自分でいじるつかさちゃん(^^)/

葵つかさのプリケツ

太郎

つかさちゃんのエロいお尻(^^♪

立ちフェラを見る

二郎

仁王立ちしながらの舐めフェラするつかさちゃん!(^^)!

葵つかさとの正常位

太郎

つかさちゃんのエロい裸体を堪能できる正常位(^^)/

腰上げ正常位

二郎

腰を浮かしての正常位ピストン(^_-)-☆

葵つかさとの騎乗位

太郎

つかさちゃんとのグラインド騎乗位での腰振り(^_-)-☆

杭打ち騎乗位しながらの乳首舐め

二郎

杭打ちピストンしながら乳首舐め(^^)/

葵つかさの立ちバック

二郎

つかさちゃんの立ちバックでの激ピス(^^)/

突き上げピストンでの騎乗位

太郎

背面騎乗位での突き上げピストン(^^♪

概要紹介

シン・ハメ撮りVR

出演女優 葵つかさ
収録時間 82分
メーカー エスワン ナンバーワンスタイル

業界大手「FANZA」は、無制限ダウンロードやストリーミングで、1度の購入で何度でも視聴が可能!あなたのパソコンやスマホで保存もでき、見たい時に呼び出せるストリーミングも充実。最安値で購入も可能で、ポイントも貯まる!セールも多し!高機能アプリで細かい設定もできるので没入したオナニーを楽しめます!

\葵つかさの生々しいSEX体感!/

プロフィール

 名前  葵つかさ(あおいつかさ)
 生年月日  1990年8月14日(33歳)
 身長  163cm
 3サイズ  88-58-86 Eカップ
 所属  エイトマン
 出身  大阪府
 SNS Instagram


プレイ内容

こちらの作品のプレイ内容の一部です。その他のプレイや体位は本編でお楽しみください。

シンハメ撮りレビュー

客観視点VR!


主観的な視点しか許容しない人は、この内容を見る必要がありません。アレルギー反応を起こすようなものをわざわざ摂取して、それに低評価をつける人々の気持ちは理解できません。
一方で、客観的な視点を好む人々も存在します。一部の利己的な人々のためにこのジャンルが衰退することは避けてほしいです。また、これはNTRとの相性も抜群なジャンルですので、これを成長させていってほしいです。
さらに、客観的な視点も慣れの問題です。主観的な視点に歪んだ女優さんの姿ではなく、適切な距離と自由な動きを見ることができる客観的な視点には、AVVRの可能性がまだまだありますと思います。

試みはいい!


率直に言って、他人の姿を見ることはあまり好きではありませんが、VRの2D作品と比べて、画角のバリエーションが少なかった点を改善する試みは面白かったですし、素晴らしいアングルもあったので、良かったです。

個人的には、「ハメ撮り」というシチュエーションを除いて、カメラを固定せずに様々なアングルから見せても良かったと思いました。例えば、家事や着替え、シャワーやオナニーなどの場面で、イメージビデオのようにカメラを移動させながら、様々な角度から撮影し、女優さんとのセックスは完全に主観的な映像にするなど、他人のプレイを見ることが苦手な私にとっては見たいと思う内容です。

主観ではないが最高!


素晴らしかったですね。このVRは評判が賛否両論で、主観に基づく没入体験の価値観も理解できますが、結局のところ、「他人のセックスを間近で見て興奮できるか、できないか」という個人の好みの問題です。
したがって、主観的な没入ができない人が購入しないように、メーカーは注意喚起を行い、本来の評価とは関係のない「VRに男はいらない」「実験的試みの失敗」といったコメントで星を下げないでほしいと思います。
VRが存在しなかった時代、顔出し男優によって喘ぎ声を聞かされる女優に多くの方が興奮していましたね。では、それを3Dで見たいと思うことは構わないのでしょうか?
私は、本当に物語のあるVR、女性が男性に費やされる姿を美しく表現するVR、本当の喜びと快感に悶える女性が存在するVRの未来があると思います。

主観と客観の両方ある!


感じることや思うことは人それぞれですが、この作品では男優の存在感が非常に大きいと感じました。実際、男優は主演と言っても過言ではなく、画面上での存在感がかなり強く、物語の流れをリードする役割を果たしています。
おそらく、カメラが主観的な目線で映像を捉えているという設定により、男優の重要な役割が増えたのだと思います。しかし、それならば、客観と主観を無理に繋げる必要はなく、前半と後半を明確に分けることでも良いのではないでしょうか。個人的には、客観的な視点で描かれた作品がもっと増えると嬉しいですし、様々なパターンを見てみたいですね。